内視鏡検査

上部内視鏡検査(胃カメラ)

食道・胃・十二指腸を観察し、癌や潰瘍などの病気がないか観察します。必要なときには、組織を一部とって組織検査(顕微鏡検査)を行います。
※当院では、直径5.8mmの鉛筆よりも細い内視鏡で、経口(口から)または経鼻(鼻から)にて胃カメラを行います。
※定期的な胃カメラは、胃がんの早期発見・早期治療につながります。

 

下部内視鏡検査(大腸カメラ)

盲腸~直腸までを観察し、がんなどの病気がないかを観察します。必要なときには、組織を一部とって組織検査(顕微鏡検査)を行います。
『大腸がんは増えてきています。』しかし、早期にはほとんど自覚症状がありません。大腸がんの危険年齢である40歳になったら、年に一度は大腸がん検診(便潜血検査)を受けましょう。大腸がんは、早期に発見すれば、おなかを切らなくても内視鏡で治療することができます。症状がないうちに定期的に検査を受けることが大切です。

ピロリ菌治療

検診や人間ドックのバリウム検査で「萎縮性胃炎・慢性胃炎」を指摘された場合、胃カメラとピロリ菌の検査を行いましょう。
検診や人間ドックの胃カメラで「萎縮性胃炎・慢性胃炎」を指摘された場合、ピロリ菌の検査を行いましょう。 ピロリ菌が確認されたら治療をお勧めします。
※ピロリ菌治療(除菌)は、胃がんの予防・リスクの低下につながります。